コンテンツ一覧

配管の詰まりと悪臭

作業者

自分で対処できない時には

家庭内で発生する水のトラブルの多くは、水漏れ、水が止まらないなどです。これらの水のトラブルに付随して、やっかいなのが配管の詰まりと悪臭トラブルです。悪臭は目に見えないだけにやっかいで、発生場所や発生原因を突き止めるのが大変です。キッチン、トイレ、浴室など、家庭内の蛇口のある場所は全て排水溝があり、それらは排水管に繋がっていますが、この排水管で臭いや詰まりのトラブルを発生させています。配管に水で脂汚れや石鹸カス、垢などを流すと配管の内側にこびり付きやすくなります。こびり付いた汚れからは、やがて雑菌が繁殖しやすくなります。またヌメリが発生すると髪の毛が付着しやすくなり、配管が狭くなって水の流れを悪くする原因を作ってしまいます。この様な状態になってしまう前にパイプクリーナーなどで日頃から掃除をしなくてはなりませんが、長い間放置した汚れは固形化しており、専門の器具を使わないと汚れを落とせない状態になっている事があります。パイプクリーナーで掃除しても流れが改善しない場合には業者にお願いする必要があります。また配管を設置するネジが緩んでいたり、ゴムパッキンやプラスチックの劣化が原因で排水溝や配管から悪臭が発生する事があります。この様な水のトラブルを放置しておいても症状は改善されず、状況は悪化するだけです。従って、水のトラブルや臭いのトラブルが発生すたら早急に対処する事が大切で、自分で対処できないと判断できたらすぐに業者に依頼する事です。